2020年6月ホームページをリニューアルしました!



結納式の進め方・挨拶例・着座順 往復交換型(嫁方から婿方へ結納返し) 仲人様なしの場合の参考例

地方によってその地方独特の風習がある場合がありますので、下記の進め方はあくまで参考例としてご覧ください。着座順も地方により異なる場合があります。

仲人様なしの場合には、結納の挨拶は基本的にご両家の父上様同士で致します。仲人様がいらっしゃる場合は仲人様の指示に従ってください。

緑字は婿方・赤字は嫁方

  1. 玄関にて「本日はおめでとうございます。」と挨拶をする。この時も含め、結納式が終わるまでは雑談は控えめに。
  2. 「お部屋を拝借させて頂きます。」と結納品を飾る部屋へ行き、嫁方がお返し用結納(引出結納)を飾り付けます。
    引出結納は下の図のように床の間の前に青い毛氈を敷きその上に飾ります。
    婿方は下座、または別室にて待ちます。
  3. 飾り付けが終わりましたら下の図のように着座致します。
  4. 嫁方の父親が挨拶
    「本日はお日柄もよろしくおめでとうございます。先日は結構なご結納を頂戴致しまして誠にありがとうございました。本日はその御礼と致しましてお引出結納(ひきでゆいのう)を持参致しました。幾久敷目出度(いくひさしくめでたく)お納めください。」

    (目録がある場合には婿方は目録に目を通す。)
  5. 婿方の父親が挨拶
    「誠に結構なご結納を頂き厚く御礼申し上げます。幾久敷目出度お受け致します。」

    (受書がある場合にはこの時に渡し嫁方は目を通す。)
  6. 嫁方本人が婿方本人に指輪の返礼(スーツ、腕時計等)を差し上げます。
    結納品と一緒に記念写真を撮ります。
    以上で結納式は終わりです。
    婿方は桜湯やこぶ茶、干菓子等でもてなします。
  7. 祝宴
    緊張を解き、和やかな感じで祝宴を開き両家で歓談致します。但し、あまり長居し過ぎないようにしましょう。

着座順
▲東日本方面に多い着座順

着座順
▲西日本方面・中部地方に多い着座順

<< 戻る